黒パグ

2017年8月 4日 (金)

黒パグさん

クーラーの効いた部屋で寛いでいる黒パグさんです。

最近は涼しくて助かりますね。サマーカットとの相乗効果で元気に過ごしてます。

IMG_0854[1]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

サマーカット2

神戸を訪問している間、黒パグさんは大好きなペットホテルに滞在でしたが、
滞在中シャンプーとサマーカットを施工してもらいました。

イガグリ具合が写真で伝われば良いのですが、涼しいのか快適そうです。

IMG_0837

IMG_0838

IMG_0839

早く夏が終わって涼しくなればよいですね。人間も暑いです。あくび

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

梅雨なのに暑さ半端ないです。

梅雨なのにこの暑さ半端ないですね。

やっぱり地球温暖化は進んでいるんじゃないかと不安になりますが、
高齢の黒パグさんにとっては死活問題です。

エアコンが手放せない季節に突入です。

19575346_1393937534021398_7665746801455376441_o

19620217_1393937654021386_6301004584042975629_o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

明日は大晦日

今日は早起きして年賀状を作成したり、
墓参りに行ったりと忙しい1日でした。エイリアン

最後に黒パグさんの写真をパチリと撮影。

来年は良い年になれば良いですね。

IMG_0341

IMG_0383

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

黒パグさんの住まい

黒パグさん大分歳をとりましたが、元気にやってます。可愛らしさは健在です。LOVE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

おじいちゃん2

先週サマーカットで7mmに毛を刈ったおじいちゃんです。

PT360001

昨年までは五分刈りでしたが、体のラインが出すぎて可愛くないため、
今年は1cm程度残してとオーダーし、この通りとなりました。

PT360005

パグといえるのか微妙ですが、可愛いから良しとします。LOVE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月29日 (日)

おじいちゃん

専用ベットで寝ているおじいちゃん(黒パグさん)を撮影しました。

005

半目開いてますが、気付かれていません。

006

犬も枕が必要なようです。

007

気付かれました!

008

でも、眠たいのか、動きません。

009

撮影後、何事もなかったかのように鼾をかいて寝てました。エイリアン

最近元気で何よりです。猫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月29日 (火)

年賀状作成

今朝から年賀状作成に勤しんでおります。

嫁さんから「富士山、猿、日の出」というキーワードでオーダーがありましたが、
丸無視して昨日最後のシャンプーを終えた黒パグさん全面押しにしました。

で、印刷し始めましたが、お約束のプリンターのインク切れが発生。幽霊

これから買出しです。エイリアン

kowlong2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月12日 (土)

黒パグさん再診療を受けたものの

今週痙攣を発症し動物病院に緊急搬送された黒パグさんですが、その後処方された内耳炎の薬を服用していたのが良かったのか痙攣も再発せず、本日早朝動物病院で再診療を受けてきました。

「内耳炎が原因でしたね」と獣医さんに断定されて診療は終わりかと思ったところ、黒パグさんを連れていった嫁さんがすぐに家に帰ってきて、何と病院で痙攣が再発したとのこと。待合室で待っている間に痙攣が始まったそうです。号泣

黒パグさんは経過観察でそのまま病院預かりとなり、夕方再度病院を訪問してご意見を伺うことになりました。

内耳炎が原因でも痙攣は発症するようなのですが、脳の関係の可能性もあるとのことなので、しばらく安心できない日が続きそうです・・・。あくび

<追伸>
夕方再度病院を訪問したところ、痙攣症状は再発しなかったそうです。
今回痙攣までで発作まで至っていないことから、内耳炎向けに処方して頂いた抗生物質を2週間投与してから再度判断しましょう、ということになりました。

002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 9日 (水)

黒パグさん緊急搬送

昨日うちの黒パグさんに突然発作がおき痙攣症状発生。
たまたま非番で休みだった嫁が慌てて近所の動物病院に緊急搬送しました。
若干動きに違和感があるものの今は元気な様子ですが、
内耳炎が原因かもという医師の見立てに期待しつつ、
まもなく12歳の老犬に対し別れを覚悟せざるを得ないと実感しました。
現在は内耳炎向けに抗生物質を与えてますが、これが原因で完治すればと
期待しています。

001

| | コメント (4) | トラックバック (0)