987

2017年7月25日 (火)

キーホルダー

懸案だったキーホルダーが決まりました。

上は何も考えずにヤフオクで購入した大陸系のものですが、シルバーだったらまだ
良かったものの、ゴールドを買ってしまいイマイチです。困った

その反動かシンプルなものを探していたところ、またもやヤフオクでGlufのゴム製を
発見し調達しました。

しばらくはこのGlufで行きたいと思います。エイリアン

IMG_0840

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

5回目の給油

金曜19時に無事神戸に到着し、約9時間の行程が終了しました。

帰りは日曜の関西圏からの出発になるため、行楽渋滞に巻き込まれないよう、
早朝6時30分に神戸を経ちました。

早く出発したお陰で高速道路は空いており、心配した名古屋も無事通過して、
静岡の牧之原SAで5回目の給油を行いました。

給油量 : 53.24L
走行距離 : 551km(今回総走行距離44.555km、前回44.004km)
燃費 : 10.3km/L

全くストレスなく高速道路を走れましたので燃費10km/L越えを達成しました。エイリアン

しかし、SAでの給油は行きの養老SAと同じで156円/Lでした。

この後も東名、首都高と順調に行程は進み、行きより早い8時間弱で自宅に
到着しました(休憩時間含む)。

終始987は安定しており、993と比べても高速走行が楽でした。

ひとつ残念なのは、ナビソフトROAD EXPLORER HDD11.0は新東名に対応と
聞いていたのに、静岡の途中で道が切れており空を飛んでました・・・。号泣

総走行数1,200km強でしたが、無事走りきりました。疲れました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

4回目の給油

千葉市川の自宅を出て、東京にある嫁さんの会社で嫁さんをピックアップし、
汐留から首都高に乗って神戸に向かいます。

お昼の時間帯ということもあり、首都高も東名も大きな渋滞はなく、順調に神戸を
目指しますが、名古屋を過ぎた辺りでオンボードの残り到達距離を確認したところ、
目的地までギリギリだったため、岐阜にある養老SAで4回目の給油を行いました。

給油量 : 43.00L
走行距離 : 411km(今回総走行距離44.004km、前回43.593km)
燃費 : 9.6km/L

最初の東京までの下道が混んでましたので、残念ながら燃費10km/L越えは
なりませんでした。

ちなみに出発時の給油は131円/L(ここから6円割引)でしたが、SAでの給油は
156円/Lでした。割引なしとしても25円も料金に差があるとは驚きです。

ここまで来ると疲労もピークですが、残りの力を振り絞って神戸を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3回目の給油

神戸にいる両親に987で会いに行くために本日3回目の給油を行いました。

先週、木更津のアウトレットに行く前に給油しましたので、その時消費した分を
補完するイメージになります。

給油量 : 18.36L
走行距離 : 146km(今回総走行距離43.593km、前回43.447km)
燃費 : 7.7km/L

もう少し良いと思いましたが、行きは途中から下道だったのでこんな感じでしょうか。

ここから恐怖の片道600kmの神戸までの道のりが始まります・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

2回目の給油

本日2回目の給油を行いました。

給油口が左側にあるのは違和感があります。やりにくいです。
ガソリンスタンスはセルフ式のため左右の違いは戸惑います困った

給油量 : 52.67L
走行距離 : 384km(今回総走行距離43.447km、前回43,063km)
燃費 : 7.3km/L

993より1km/L程度燃費が良いイメージでしょうか。

来週神戸を往復してきますので、高速での燃費計測が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

オービスデータ登録

987には純正ナビであるクラリオンのHDDナビNX808相当が装着されています。

前車993にはレーダーが車載されておりオービス検出等を行っていましたが、
987にはレーダーは車載されておりません。

以前より、ナビとレーダー両方を車載すると音が騒がしくて気になっていたため、
ナビにレーダーの機能を実装できないかと思っていましたが、オークションサイトで
オービス情報が500円で販売されていたため購入して本日登録してみました。

メールで送付されてきたオービス情報が入ったファイル一式をSDカードに保存して、
純正ナビにSDナビを装着しオービス情報を読み取って登録するのですが、登録数
には限りがあり、関東と東北しか登録できませんでした。
(送られてきたオービス情報は日本全国でした)

オービスが近づくとナビが音とアイコンで反応するらしいのですが、しばらく使って
みて様子を見たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

バルブLED化考察

次のモディファイはナビへのオービスデータ登録(データすでに調達済み)とバルブLED化を考えているのですが、バルブLED化はネット上にもあまり情報がなく調査を続行しています。

どうやら987前期型は球切れ警告機能がすべてのバルブに備わっている訳ではないようで、ポジションやライセンス、ブレーキといったドライバーの目から見えない重要なバルブについてのみ球切れ警告機能が備わっているようです。
(不確かな情報です)

よって、室内灯(ルーム、カーテシ、グローブボックス、足元照明等)は球切れ警告機能が備わっていないようなので、キャンセラーが内臓されていない普通のLEDバルブで設置できそうです。
(不確かな情報です)

そもそも純正の白熱球バルブは暗くて意味がないので、該当箇所の形にあったLEDバルブを選択して装着してみたいと思います。

なお、マニュアルのオンボードコンピューター警告箇所に以下の記載がありましたので、

Check left/right dipped beam
以下にも適用
フロント・サイド・ランプ、方向指示灯、ハイビーム、フォグランプ、サイド・インジケータ・ランプ、ブレーキ・ランプ、テールランプ、リア・フォグランプ、後退灯、ハイマウント・ブレーキ・ランプ

それ以外のバルブは球切れ警告機能が備わっていないと推測されます。

また、マニュアルにバルブリストがあったので記載しておきます。

ロービーム
(ハロゲン・ヘッドランプ) H7, 55W
ロービーム
(バイ・キセノン・ヘッドランプ) フィリップス, D2S 35W
ハイビーム
(ハロゲン・ヘッドランプ) H9, 65W
サブ・ハイビーム
(バイ・キセノン・ヘッドランプ) H11, 55W
フォグランプH8, 35W
テールランプ、リア・フォグランプP21/4W
ブレーキ/テールランプP21/4W
テールランプ、リフレクタP21/5W
後退灯P21W
方向指示灯(フロント/リア) LL PY21W(ロング・ライフ)
ドア・ガード/足元照明灯/トランク・ルーム・ランプW5W
車幅灯(フロント) W5W BV
ライセンス・ランプC5W

室内灯に多く使われているW5Wという規格はT10と同じようです。

まずは室内灯からLED化してみますかね。エイリアン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

K&Nエアフィルター換装(再施工)

先日換装したK&Nエアフィルターですが、ブログを作成していてK&Nエアフィルターの突起部分がガイド固定のためにガイドの上に引っ張り出す必要があるのではないか気が付いてしまい、本日年休取得していたため苦労する可能性があることを承知で、全工程を最初からやり直して疑惑を検証してみました。
(気になると居ても立ってもいられない性分なのです。今更ながら・・・。猫

人間という生き物は不思議なもので、2回目の作業は汗を掻くこともなくスムーズに作業が進みます。
15分も掛からないうちにエンジンフードを外しエアフィルターボックスに辿り着きました。

K&Nエアフィルターをエアクリーナーボックスから取り外し、問題の突起部分をガイドの上に引っ張り出してみました。

IMG_0752

ラジオペンチで突起部分をガイドの上に引っ張り出したところ、ゴムの弾力でしっかり
ガイドが固定されました(良く見ると突起部分には引っ掛かる構造になっています)。

問題はこれをエアフィルターボックスに装着できるかですが、すでに2日エアフィルターボックスに装着されていたためK&Nエアフィルターの差込口が整形されており、難なく装着されました。

また、上記突起部分によりガイドがしっかり固定されたお陰で、ガイドのボックスへのネジでの固定もスムーズでした。

問題なく装着されていることを確認して、元の手順を逆にパーツを戻しました。

 

今回は2回目ということもあり1時間掛からなかったと思います。

K&Nに付属の差込口用の固定具も装着するか悩みましたが、こちらはもう少し時間が経って、差込口が完全に整形されたら装着してみたいと思います。

あー、すっきりしました。爆笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

K&Nエアフィルター換装(その3)

続きです。ここからは取扱説明書には記載がありませんので手探りで進みます。

8.K&Nエアフィルター換装

エンジンルーム左にあるエアフィルターボックスのカバーを外します。
+ネジ2本で固定されているのでネジを外し、カバーを上に引き上げて外します。

IMG_0729

取り外したカバーです。
なお、下(写真右)にあるガイドを溝に入れてボックス本体に嵌めます。
(運転席に入って作業するとガイドが見えやすいです)

IMG_0730

次に純正のエアフィルターを外します。
一旦前方向にエアフィルタをずらして差込口から外し、左回りに90度回転させて
ずらしながら外します。
(結構余裕ない感じです)

IMG_0731

外した純正エアフィルターです。
写真右にある黒いガイドはエアフィルターをボックスへ固定するためのものなので、
取り外してK&Nに装着します。

IMG_0732

K&Nエアフィルターです。純正の倍くらいの値段がします。

IMG_0733

純正とK&Nを並べてみました。
向きが間違ってますが、この時点でK&Nは差込口側が真円に近づいてます。
この時点で嫌な予感がしたのですが、差込口のゴムは相当厚く、ボックス側に
うまく嵌めることができない予感がします・・・。

IMG_0734

黒いプラスティックのガイドをK&Nに移植しました。

純正のエアフィルターでは4つの爪とネジでしっかり固定されていますが、
K&Nではゴムの突起をネジ穴部分に通すだけです。
当然不安定なのですが、今にして思えばゴムの突起をラジオペンチか何かで
ガイド上に引っ張り出して固定させる必要があったかもしれません。困った
次のメンテナンス時に対応したいと思います。
(次のメンテナンス時と思ったのですが、気になって再施工しました。)

IMG_0737

で、写真ではすでに装着後ですが、装着に1時間以上掛かりました。

箱からK&Nを出した時の嫌な予感は的中で、K&Nがボックス本体差込口に
まったく嵌りません(大体ゴムが変形して形が違っているし・・・)。

悩んだ挙句、K&Nの差込口のゴムの間口を広げ、かつ、柔軟に変形するよう
カッターで内側を斜めに1周削りました。気持ち悪い

また、多分手で押すために作られたと思われるゴムの持ち手のうち、裏側に
ある1つを削って無くしました。
(ボックス本体に当たっている可能性があるため)

それでも力技を駆使して何とか装着できました。
(K&Nには固定バンドが付属していましたが装着は無理と判断しました・・・あくび

写真右のネジでガイドを固定します。

IMG_0738

IMG_0740

最後にカバーをガイドに沿って戻し、K&N入ってます的なシールを貼り付けて
換装完了です。

IMG_0742

あとは外した手順で元に戻して行きます。

まずはエンジンフードを元に戻して、次にカーペットを元に戻します。

IMG_0743

ラゲッジ・ポケットも元に戻し、

IMG_0744

両側のテンション・ロープのアッパーボールヘッドを嵌めて、
(角度を合わせたら手で出来ます)

IMG_0750IMG_0751

ファブリック・カバーをクリップに装着したら完成です。

非常に疲れましたが、久しぶりに作業をやり遂げて感無量です。
(しかし、アメリカ製のパーツの品質悪すぎです。先が思いやられます号泣

装着後、軽く走りに行きましたが、音が大きくなりシフトアップが早くなりました。

インプレはもう少し先で実施したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K&Nエアフィルター換装(その2)

続きです。前回同様、取扱説明書をベースに作業を進めます。

4.リア・ウィンドウの固定

前回まででリア・ウィンドウを上に押し上げる準備は出来ていますので、リア・
ウィンドウをめくった下にある固定ストラップをコンバーチブル・トップ・ガイドに
取り付けます。

なお、前回最初に記載しましたが、固定ストラップがコンバーチブル・トップ・
ガイドに固定できる位置まで開放幅を微調整します。

IMG_0714

IMG_0715 横から

IMG_0716 後ろから

これでリア・ウィンドウが固定されます。

 

5.ラゲッジ・ポケットの取り外し

ラゲッジ・ポケットのターン・ロックを開き、固定するまで外側に約1.5cm引出します。

IMG_0717

ラゲッジ・ポケットを後ろから取外します。
(前から押すと外しやすいです)

IMG_0718

ラゲッジ・ポケットを取り外した後です。

IMG_0719

取り外したラゲッジ・ポケット。

IMG_0720

 

6.カーペット・カバーの取外し

ラゲッジ・ポケット同様にカーペット・カバーのターン・ロックを開いてカーペット・
カバーを取り外します。

取り外したカーペット・カバー。

IMG_0722

予断ですが、このカーペット・カバーですが、遮音材のためなのか結構重いです。
後から出てくるエンジンフードより重いので注意して下さい。

 

7.エンジン・フードの取外し

いよいよエンジン・フードの取り外しです。

トルクスネジ(T-20)5本で固定されていますのでトルクスネジを取り外します。
前3本は座席後ろからアクセスする方がやりやすいです。

IMG_0721

エンジン・フードですが、そんなに重くありません。
取り外すとやっとエンジンルームを拝むことが出来ます。
(一番左に見えるのが目的のエアフィルターボックスです)

IMG_0724

取り外したエンジン・フード

IMG_0726

 

次はエアフィルタの交換になります。・・・続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)