« 香取神宮参拝 | トップページ | K&Nエアフィルター換装(その2) »

2017年6月10日 (土)

K&Nエアフィルター換装(その1)

モデファイリストにおいて最後に残ったK&Nエアフィルター換装を実施しました。

2週間掛けてネット上の参考資料やマニュアルを読み解いたお陰で作業は順調に
進みましが、やはり鬼門はK&Nエアフィルターそのものでした。
(Megane RSの時も、993の時もK&Nエアフィルターには手こずりました・・・号泣

987ボクスターはミッドシップエンジンのため、通常の車と違い、エンジンルーム
へのアクセスが容易ではありません。
(おまけにコンバーチブルであるため、同じミッドシップエンジンのケイマンよりも
作業段取りが多いです)

私の987に付属の取扱説明書にはエンジン(フード)へのアクセス方法について
記述はありませんでしたが、少し前の987の取扱説明書に記載がありましたので、
そちらをベースに作業を進めます。

まずは、コンバーチブル・トップの処理です。

1.コンバーチブル・トップを60cm程度開放

重要な役目があるので後で開放幅を微調整します。
(写真は開放幅があと20cmほど足りません)

IMG_0703 右前から

IMG_0705 

IMG_0707 右後ろから

 

2.両側のテンション・ロープのアッパーボールヘッドを外す。

リア・ウィンドウを持ち上げないとアッパーボールヘッド目視できないので、
ペットボトル等をリア・ウィンドウの下にかましてリア・ウィンドウを持ち上げて
作業するとやり易いです。
ボールヘッドは手では外れなさそうなので、ボールの隙間に内張りはずしを
こじ入れて外しました。

IMG_0708

これがテンション・ロープとアッパーボールヘッドです(外した後)。

IMG_0709 

 

3.ファブリック・カバーのクリップを外す。

ファブリック・カバーの末端2箇所をクリップから外します。
下に引っ張れば簡単に外れます。

IMG_0710 クリップ装着時(右)

IMG_0711 クリップ装着時(左)

IMG_0712 クリップから外した後

 

ここまでは比較的簡単でした。

後で分かりますが、この工程はリア・ウィンドウを持ち上げて固定するための準備
という位置付けになります。

次はエンジンフードへのアクセスになります。・・・続く。

|

« 香取神宮参拝 | トップページ | K&Nエアフィルター換装(その2) »

987」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141058/65396497

この記事へのトラックバック一覧です: K&Nエアフィルター換装(その1):

« 香取神宮参拝 | トップページ | K&Nエアフィルター換装(その2) »